イラスト描くぞ!こやぎのお絵かきブログ「家畜餌付け推進会。」日報。  

koyagimee.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 流星のロックマン 24話 感想。 semスキン用のアイコン02

  

2008年 09月 13日

おはコロの放送形態について。

この話、オンエア時にちょっと変わった放送形態だったのですよ。
23話の次が「サル祭り」ってコトでサルゲッチュを2本放映。


サルゲッチュはそこでとりあえずひと段落。
スペクターに立ち向かうカケル君良かったよ~!




スぺクターを倒して地球を救ったカケル。
でも自分はもう、地球に帰るすべがない。
自分の生存が絶望的になっても健気なカケルに感動!

宇宙船基地の中から地球を眺めながら・・・・





「ボクがあの地球を救ったんだ・・・それだけで十分だよね・・・・」







ああもう!スバルといいカケルといい、
健気なヒーロー少年超素敵!!

(サルゲッチュ超面白いです!ホントに!)




その翌週に「ロックマン祭り」ってことで流星を2本立て。
結局一緒な気がするけど実写パートでロックマンが登場!




どれだけ流星キャラを覚えているかテスト!ってことで
皆で抜き打ち似顔絵描きとかたのしすぎ!!





来週の感想アップする際に
そのへんのことを詳しく記事にします。






先行でひとこと。






五陽田の似顔絵が
壊滅的なのはナンデダーー??

(超爆笑だったよ、ホント・・・)





※毎度毎度ごめんなさい!
コメント返信、明日にさせてください・・・・。






下↓のサブタイクリックで本編感想になります。








24話 「オヒュカス・クイーン」。





やヴぁい・・・・・。





この話、好きすぎて何にも資料見なくっても感想書ける・・・・(汗)
アレですね、ルナへの愛の成せる技ってヤツ??
(脳の記憶容量ルナにしかつぎ込んでない)




ルナ「頑張ってーー!ロックマンさまーーー!」



街で暴れる電波ウイルスたちと戦闘中のロックマン。
電波空間を出たり入ったりしつつ戦うロックマンの姿。

時折見える彼の姿を懸命に応援してるルナ。





・・・・・・しかし。





ロク「うわああぁ!」
ルナ「ああ!ロックマンさま!」







ウイルスにふいを突かれ、倒れるロックマン。
その場に駆け寄ろうとしたルナが見た光景、それは。





ハプノ「・・・・・大丈夫?」
ロク「ありがとう、ハープノート・・・」






倒れたロックマンに手を差し伸べる女の姿ッッ!






ルナ「だ、誰よアレ・・・・・」



ロク「危ない!」
ハプノ「きゃ!」






ウイルスの攻撃から女をかばい、
抱きしめるロックマン。






ルナ「何よアレ!」


ロク「行くよ!」
ハプノ「ええ!」






ふたり寄り添うようにウイルスたちと戦う・・・・・・。








ルナ「なによおぉぉ~~~~ッッ!!」








ルナ嬢の嫉妬心大爆発ッッ!


しかしただただ、立ちつくすしかないルナ・・・・・。
帰宅後、夕食も取らずにベッドに倒れこむ。



枕もとに置かれた新聞記事の切り抜きが収められた写真立て。
その記事写真に写っているのはロックマンの姿。









ぐぅっはあぁぁぁ・・・・!
ベッドで丸くなって写真抱きしめとる・・・・!









可愛いすぎるうぅぅ!!
(ハイ、落ち着け?)








しかし脳裏から先ほどのハープノートを抱きしめるロックマンの姿が離れない。





ああ、ルナはこんなにもロックマンのことが好きなのに!
くっそう、スバルのヤツめ!のほほーんとしてんじゃねえよッ!






翌日。




ルナ「ゴン太!あなた今日、ビオトープ当番でしょ!」
ゴン「あ!いけね!」

ルナ「キザマロ!こんな雑誌、学校に持ってきちゃダメでしょう!没収よ!」
キザ「あうう・・・・(泣)」


ルナ「廊下は走らない!」

ルナ「そこ!騒がないで!」

ルナ「静かにしなさい!」





校内で次々に飛んでくるルナの怒声。
もちろん正しいことを注意しているのだがいつにも増して厳しい・・・・。
ぐったりした表情で集まるスバル、ゴン太、キザマロ。





キザ「どうも機嫌が悪いようですね」
スバ「これじゃたまらない・・・・」
ゴン「なんかないのかよ、委員長の機嫌を良くする方法・・・・」


キザ「ふたつあります。ひとつはロックマンに来てもらうこと」
スバ「え?」

キザ「それは無理なのでふたつめ。響ミソラのコンサートに行くこと」
ゴン「おおっ!」





ちょうど今日、公開録画があるということで皆そろって行くことに。
しかし、いいんちょのご機嫌とりだなんて3人とも大変だなぁ・・・・。





スバルは自業自得だけどな!
(根に持つなっつの)





金田「おーい、ミソラー。今日のオープニング衣装だぞー♪」



ジャジャーン★
金田の手にあるのはフリッフリのドピンク衣装。





そのまま固まるミソラ。




ミソ「・・・・・やぁだ、それ。」

金田「着ろ」
ミソ「やぁだ」


金田「着ろ」
ミソ「やぁだ」

金田「着ろ!」
ミソ「やぁだ!」



金田「着ろってえのーー!」
ミソ「やぁだってばあーーー!」





嫌がる少女に無理矢理コスプレさせて
やらしーこともくろんでるオッサンみたいだぞ金田ッッ!!







・・・・あれ?ある意味間違ってないのかな??
(自問自答すんな)






ミソラ目当ての人たちの長蛇の列が公会堂前にできている。
その様子をあきれ顔で見ているハープ。




ハプ『ホントに暇ねえ・・・・人間って・・・・(汗)』



そこへ空間がゆがみ、突如現れたFM星人が。






オヒュ『・・・任務はどうしたハープ』
ハプ『アラ、久し振りねえ、オヒュカス。』

オヒュ『ウォーロックは?』
ハプ『ワタシじゃ倒せないわよ』
オヒュ『アンドロメダの鍵は?』
ハプ『これでも一生懸命やったのよ』
オヒュ『・・・・・・・フン、どうだか』

ハプ『他の皆なんかたおされちゃったのよ!』
オヒュ『オマエの職務怠慢、上に報告しておくぞ』

ハプ『あなたもやってみればわかるわよう!』
オヒュ『ああ、そうさせてもらうさ。波長の合う地球人を捜してな』





金田「着てくれよーーー!」
ミソ「やだ!やだ!やあだーーーーッッ!!」







・・・・・・まだモメてんのかオマエたちは。
ホラホラ、開演15分前だよー。






金田「・・・じゃあ替えの衣装があるが、そっちにするか?」
ミソ「どんな・・・・?」

金田「こ・れ・だぁーーーっ!」




ジャジャーンッッ★
可愛い黄色のリボンがたわわについた、
緑色のスクール水着♪






ミソ「ひいいぃぃぃッッ!!」





おびえて思わず後ずさるミソラ!






ミソ「そ、それは!あたし的にはなかったことにしてある、あの・・・・」
金田「そうだ!オールアイドル寒中水泳大会で着た衣装ダーー!!!」

ミソ「うああああ!そうきたかーーーッッ!」


金田「ふっふっふ・・・・さあ!どっちだ!!」







ふたつの衣装を持ってじりじり迫る金田。



朝からこんな卑猥極まりないシーンを見せんな。
コスプレ衣装を持って迫ってくる
怪しいオヤジにしか見えん!

(ある意味間違ってない)





逃げろミソラ!



本気でそう叫びそうになっちゃったじゃねえか!!






オヒュ『・・・・見つけた』
ハプ『え?誰を?』






会場内へと消えていくオヒュカス・・・・・。





ようやく会場内に入れたスバルたち。


ゴン「座れてよかったな!」
ルナ「よくないわよ、こんな後ろで」
キザ「まあまあ、入れないよりずっとマシです」





おもむろに立ち上がるルナ。




ルナ「私・・・、ちょっと化粧室行ってくるから」

ゴン「え?委員長、化粧してんの??」
キザ「ゴ、ゴン太君、まあまあ・・・・・(照)」






ルナの可愛さはすっぴんだよ少年!
でもそのボケ、面白いからよしッッ!





そして続いてスバル。
トランサー内から呼びかけてくるウォーロックに気づく。






ウォ『・・・・・・・』
スバ「え?なに?」
ゴン「どしたあ?」


スバ「う、ううん。(焦)・・・ボクも化粧室行ってくる・・・・」


ゴン「あいつも化粧してんのか?!」
キザ「まあまあ・・・・・(ゲンナリ)」






スバルの可愛さも当然すっぴんだよ少年ッッ♪
そのボケ、超面白いじゃねえかッ!
思わず笑っちゃったぜ、グッジョブ★







スバ「なんなの、ウォーロック?」
ウォ『近くにFM星人がいる』
スバ「え?ハープノートじゃなくて?」


ウォ『この波長・・・オレの認識が確かならやっかいな相手が現れた』







鏡の前で髪型チェックをしてるルナ。
オシャレにスキのないトコロをちゃんとアピってます、可愛いです!




ルナ「ヨシ♪」





満足気にその場を立ち去ろうとするルナ。
しかしその背後の鏡に怪しい影が・・・・・







ルナ「え?・・・・なに?なんなの?」
オヒュ『うふふふふ・・・・・』








ルナが振り向くと鏡一面にオヒュカスの姿が浮かび、
彼女の妖しい笑い声が響いて・・・・・・。






ここで終わりッッ?!






次回予告。






「愛しのロックマン様」。



日下さん、この話はやッヴぁいですよ。
ルナ好きなこやぎがここまでもだえるんですもの。

ルナ好きでオヒュかあさん好きな日下さんは
気をつけないと心臓発作とか起こしかねない!


オヒュカス・クイーンがこんなにもカッワイイキャラに
なっちゃうとは誰が想像できただろうか!

こやぎは放映当時、ゲームオヒュカスは倒していたハズなので
そのギャップに驚きましたともさ。

あまりに可愛くて可愛くてマジでキュン死しますよ!
なんて一途な恋ッッ!

ああ、もうルナ大好きダーーーーッッ!
(だから、落ち着けって)


しっかし、アニメスタッフってルナびいきだよなぁ・・・。
ルナ→ロックマンがメインになってる話は8つもあるのに
ミソラがスバルを想うって話がひとつもない!
[PR]

by koyagi_mee | 2008-09-13 00:48 | 流星アニメ、感想。