イラスト描くぞ!こやぎのお絵かきブログ「家畜餌付け推進会。」日報。  

koyagimee.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 流星のロックマン 31話 感想。 semスキン用のアイコン02

  

2008年 11月 01日

今日からしばらく愛しいパソ子と離ればなれ・・・・・。



11/2、11/3は結婚式打ち合わせと親戚の集まりで帰省いたします。
なので、今のうちにやれることはやっとこうかな。

実家のパソ子に会えれば普通に更新できるけど、どーかな。
まあ、ケータイがあるから更新自体は止まりませんが。




エキサイトって予約投稿できないのかなぁ。
アナログ家畜なこやぎにはやり方がわからぬ・・・・・(汗)





※毎度毎度ごめんなさい!
上記理由によりしばらくコメント返信滞るかもです・・・。






下↓のサブタイクリックで本編感想になります。








31話 「スターフォース!」。



ウォーロックと再会し、勢いを取り戻したスバル。
ようやくFM星人たちに反撃するときが来た!




奪われたアンドロメダの鍵を奪い返すため、5体のFM星人たちに挑んでいく!
さっきまで多勢に無勢でやられまくっていたロックマンはどこへやら。


次々にキャンサーたちをなぎ倒す!!





キャンサー「ウッソおぉ~~~~?!」
クラウン「ロックマンが強くなっとるぞい!」







驚きの声を上げるFM星人たち。
でも驚いているのはFM星人たちだけではなかった。









ウォ『スバル・・・・・どうして・・・・・・?』
スバ「嬉しいからさ・・・・・・・・・・・またキミと一緒に闘えるのが!」


ウォ『オマエ・・・・・・・(キュン♪)』









スバルの口説き文句は健在だなあオイ!
ウォロクはすっかりスバルたんにメッロメロ★





なんか、別のアニメ見てるみたいだ!(爆)





ロク「AM星人たちからもらったチカラ・・・・・」




FM星人たちの一斉攻撃をかわすためにロックマンが取り出したのは3枚のカード。





でもアナタ今、どこから取り出したの?!
(そこはツッコんじゃいけない!)









ロク「いくぞ、ウォーロック!」
ウォ『おお!』










おおお?!
いきなり作画が良くなったと思ったら!
いえい!足立ロック!










ウォーロックが消えて、ロックマンの左手がトランサーになった!
さっき取り出したスターカードをスロットイン★(それはエグゼだ)







ロク「ロックマン・アイスペガサス!」








変身キターーーーー!!!




こっから先はもう終始ロックマンのターン★
ゲームじゃあここまで強くねーだろ的な強さ!







マジシャンズフリーズ1発でオックスは氷づけ。







その後、間髪入れずにグリーンドラゴンに変身!
ウルフとオヒュカスとクラウンをエレメンタルサイクロンでブッ飛ばす!




竜巻3Dだーーーー!
中のキャラ全く見えないよ、いいんですかッッ?!

(誰に問いかけてるんだか)





吹っ飛んでいくオヒュカスたちを離れた場所で見つめながら
キグナスはぶつぶつつぶやく。





キグ「ロックマンめ・・・・どこであんなチカラを・・・・だが、もう手遅れだ!」





あと数分でアンドロメダは地球の中心に達し、超エネルギーを解放する・・・・。






キグ「地球が滅亡するさまを宇宙からゆっくり見物してやる」
ジェB「それは無理だな」
キグ「?!」









高笑いするキグナスの後ろから奇襲(ジェミニサンダー)をかける双子!!






キグ「ぐわああああーーーー!」




黒コゲになって倒れるキグナス。





ちゃりん、と音をたてて落ちるアンドロメダの鍵。
それを拾ってワッルい笑みを浮かべているのは・・・・・・。






ジェW「フフフ・・・・・これは僕がもらうよ」










ツカサーーーーーッッ!!






やっぱりお前か!
ホンマきったないヤツだな!










キグ「うう・・・・、ひ、卑怯だぞ、手柄を横取りする気か・・・・!」
ジェW「横取り?僕らを甘くみないで欲しいな」
ジェB「オレたちの野望はもっと大きいぜ」

キグ「なに?!」


ジェW「アンドロメダの力でFM王ケフェウスを倒し」
ジェB「FM星を乗っ取るのさ」







野望デッカいなあ!
今までの卑怯さといい、やっぱスゲーぜジェミニスパーク★





ジェB「地球と一緒に滅びな、キグナスウイング」
キグ「さ・・・させるかあぁぁぁ!!」







派手にもみ合う3人。
必死にしがみつくキグナスを振り払おうともがく双子!






・・・・・そのとき。





キャンサー「ひえええええ~~~~ッッ!」



ロックマンの攻撃から命からがら逃げてきたキャンサーとリブラがこっちに迫ってくるではないか!
しかもその後ろからはファイアレオに変身したロックマンの姿が!




ロク「アトミックブレイザー!!」







野太い炎が一同を襲うっっ!






・・・・・・・・・。







一撃ですか。そうですか。





最後に全員いっぺんにやっつけちゃうなんて
ちょっと無理矢理すぎる気がしないだろうか。





時間がなくなっちゃったのかな!
スタッフさん、お疲れ様!

(それ感想じゃねえ)





は!そんな、スタッフさんに同情してる場合じゃねえ!
あの炎の中にはアンドロメダの鍵と宇田海さんがーーーー!!






宇田海さんが尊い犠牲にーーーーー!
(号泣)












ああ、惜しい人を亡くし・・・・・・・







あ、キグナスと分かれて落ちてきた。
しかもアンドロメダの鍵もちゃんと落ちてきている!



ご都合主義バンザーイ♪
(気のない喜びようだなオイ!)






天地「うたがい~~~~ッッ!」




ぎゃるるるる!
きき~~~~っっ!!

(車がスピンする音)






派手に現れたと思ったら宇田海さんを華麗にお姫様キャッチ★
天地さんオットコ前~~~ッッ!






オマエらもしかしてデキて






ロク「ホッ・・・・・・」
ウォ『まだ終わってねえぞ、スバル!』






無事な宇田海の姿を見てひと安心のロックマン。
しかしまだ大きな問題が残っている!


きらりと光って落ちてくる、アンドロメダの鍵。
口で受け止めるウォーロック。








ウォ『いつか使ってやるつもりだったが・・・こんなモノがあるとロクなことねえ!』








ぱきん!




渇いた音をたてて、アンドロメダの鍵を咬み砕いたウォーロック。
鍵の中からは禍々しいマイナスエネルギーが溢れだし、消えていく。


と、同時にアンドロメダ本体も地球のマントル内で機能停止し、マグマに流されていく・・・・。


地球の内部にアンドロメダが残ってしまったものの、とりあえず地球の危機は回避された。
宇田海も寝息を立てられるくらいの元気さはあるようだ。

宇田海を乗せた天地の車を見送りながら夕焼けを見つめるスバルとウォーロック。





ここからまたも夕日を眺めながらのラッブラブ会話が始まります★





スバ「ありがとう、ウォーロック・・・・・」
ウォ『?!』

スバ「ボクを助けるためにアンドロメダの鍵を手放してくれて」
ウォ『礼を言うのはオレのほうだ。オマエが来てくれたおかげで命拾いしたぜ』



スバ「当然さ、友達だもん・・・・・・・」







そう言って、静かに微笑むスバル。
そんなスバルに言いづらそうに口を開くウォーロック。







ウォ『スバル・・・・オマエとの約束についてだが・・・・』
スバ「ウォーロックは父さんを殺したりしてないよね」


ウォ『・・・・・・・・・・。』








またも戸惑いの沈黙。
でもあの屋上のときとは違う。






・・・・友達を信じているから。







スバ「父さんはきっと生きてる・・・・・」
ウォ『・・・・・・・・』



スバ「ゴメンね、ウォーロック。キミを疑ったりして」
ウォ『スバル・・・・・・・・・』









並んで夕日を見つめるふたり。
なんて、オットコらしいんだ、スバル!






ここのシーンのウォロクは完全にキミにメロメロだよ!







こやぎ推奨カプとしては逆だけど、今日はあえて言おう!
スバウォバンザーイ★






しかし、これでは終わりません。

ウォロクに咬み砕かれ、コナゴナの鍵。
それを拾い上げたのは・・・・・・・





ツカ「甘いね、ロックマン・・・・・。ゲームはまだまだ終わらないよ・・・・」






オマエはあぁぁぁ!!
どんだけしつこいっつーか、黒いねん!







甲斐田ボイスが怖いっっ!
ゲームのヒカルだって、ここまでは腹黒くなかったよ!






でもそんな腹黒ツカピが大好きだ!








次回予告。


「結集!FM軍団」。

ここからは展開が少し中休み。
ストーリー進行よりもギャグ展開がメインなカンジになります。

そのギャグの中心となる軍団・・・FM軍団がここで結集されます。
ここからFM星人たちがおバカになっていきます。

ミソラファンのキャンサー&クラウンや家計を預かるオヒュかあさんはこのあたりで生まれました。
[PR]

by koyagi_mee | 2008-11-01 18:01 | 流星アニメ、感想。