人気ブログランキング |

イラスト描くぞ!こやぎのお絵かきブログ「家畜餌付け推進会。」日報。  

koyagimee.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 流星3プレイ記録 レッドジョーカーのつぶやき その23。 semスキン用のアイコン02

  

2009年 09月 26日

おはよーございます、こやぎです。


これからTGS行ってこようかというところです。
ただ・・・・・・・・・・・・


出発前から色々トラブルがあってテンションだだ下がりです。
イベントってアレだね。出鼻くじかれると不安になるよね。







こやぎ「あーあ、やっぱ明日にしとけばよかったなぁー。」
くさか「ご、ごめんなさ・・・・・(沈)」

こやぎ「明日、会いたい人いっぱいいたんだよ!あの人とかこの人とか!」
くさか「・・・・・うん」
こやぎ「10人はいたべ!」(←おおげさ)
くさか「・・・・・・・・。」

こやぎ「何を落ち込んでるのだ。キミが10人分あたしを楽しませてくれりゃあいいんだよ」
くさか「え・・・・・?えっと、それはどういう・・・・・」


こやぎ「そうだな・・・・じゃあまずはぱんつ献上で!」
※絵チャネタ


くさか「まだそのネタひっぱるんかい!」








・・・・・・・・いってきますv





★このカテゴリ記事を読む際の注意事項★
記事内では容赦なくゲーム内のネタバレしています。
続き表示する前にもう一度よーく考えて!

あ、OK?
ネタバレどんとこい?

※またまたスミマセン、
コメント返信少々お待ちを・・・・・。




ネタバレOKの方は以下↓をCLICK!









つぶやきジョーカー、その23。





■VS!アイスバーン!



前回のスバルジャンプに惚れ惚れしつつも、ステージの電脳へ。
ここの曲もけっこう好きだなー。

ただ、背景の配色があまり好きくない。
赤ムラサキって・・・・・汗





ステージの電脳だからか、背景にミソラステージが。
んで、そこをチョロチョロしてるのはミソラ??





・・・・目がまわりそーなので凝視すんのやめとこ。




んで、今回のトラップは体温を奪う床!





えーー・・・・。



これ、道に迷って凍死フラグバッリバリなんスけど。






こやぎは道覚えないからおんなじトコを何度もうろうろし(覚えろ)


濃い青の床がふえてくる電脳3とかカチコチったよもー。
この床はどこまで続くんだあああ!!
とか叫びながらそのまま凍結★


オックス連打で指がイタイイタイ。
しかも連打系はニガテなので体力が半分回復すればおんの字。
最後数秒でなかなかゲージがあがらねえええ!




そんで、あのペンギンむかつくのですが(知るか)

アイスとの戦闘前から色々くじけそうだよまったく。


ボス印のドクロからあとの床見てギョッとしたね。
なんだこの青床の市松模様!!
あああ!凍る!行きたくねえ!






・・・ってイベントだからダイジョブなのか。
ビビらせんな!





VS、アイスバーン!



確かに氷の床を生み出すブリザードはやっかい。
こやぎはガードがニガテやから横からガーン★ってやられて凍ったしwww

でもHPそんなに高くないし
動きもそんなに早くないので楽々デリーツ♪

しかし動きもカワユイなあ、アイス。
スケート選手みたくクルクルするのがカワイイ。




アイス戦後、急にカラダがしびれ出すロックマン。
何かの予兆か・・・・・・・?

発生した大量のクリムゾンを回収するティアたち。







・・・で、今作の目玉と言っても過言ではないイベント!
ミソラのラストソングッッ!!









ミソ「いつもあたしを支えてくれている、大事な大事なお友達のために作った歌です」
スバ「・・・・・・・。」




ミソ「きいてください、『シューティング・スター』」








ウェーブロード ひろい世界
夜空見上げ ひとりぼっち
キズナさがして ただ さまよう

ウソに怯え 逃げ続けて
孤独にさえ 気がつかずに
ただ 歌い続けていたの

星の光が かがやく
わたしのココロに ふりそそぐ
そして あなたとめぐり逢えたんだ

our bond was discovered then

震えて 泣いていたわたしを 見つけてくれたね
SHOOTING STAR
暗闇照らし 駆けてく

その笑顔に チカラもらうんだ
こわいものなんか 何もない
振り返らない ずっと前を見て

光 つかむ

キミの笑顔 それがわたしの ハートなんだよ
SHOOTING STAR
暗闇照らし 駆けてく


c0153978_0402985.jpg


スバルに宛てた曲以外のなにものでもない。
観客巻き込んだ盛大な愛の告白ありがとうミソラっち!




コレは・・・・やヴぁいね。




スバルに対しての純粋でまっすぐな想い。
痛いほど伝わってくるよ、ミソラ!





英語部分のつづりは・・・自信ないです!(爆)
でも、たぶんこういうイミかなぁ、と拙い脳みそフル回転で訳してみた。


our bond was discovered then(アワ・バンド・ワズ・ディスカバード・ゼン)
直訳:私たちの絆はその時、発見されました。



『そのときに見つけたの 私たちのキズナ』


てなカンジで訳せばいいのかしら?





最初「Bond」で「債券」とか出て、
ええええ?!どしたのミソラ!ってなって大笑いしました。

私たちの債券♪とか歌われてもなぁ・・・・・)





・・・・スンマセン、詳しい方いらっしゃいましたらご指摘くださいまし。



あ、っと最後に面白いイベントがあったの忘れてた。
サテラポリスとミソラのやりとり!

クリムゾンを大量発生させた人物を逮捕するーってなったときの
ミソラとサテラポリスのオッチャンとの会話!






ミソ「あたし、響ミソラです!」
サテ「知っています。ドラマ、毎週楽しく観ています」








おっさん!ファンかよ!(爆)
マジメな口調で言われると余計滑稽だっつの!






必死にゴマかそうと頑張るミソラも素敵wwwww
でも、ミソラってばウソはつけないタイプなのな。

カワユスwwwwwwww






ルナ「オホン・・・・、よろしいでしょうか?」






来たああ!
ルナの眼力でサテラポリスを撃退かッッ?!





ルナ「被害を訴えている人がいない以上、事件としては成立しないと思いますわ。
わざわざおいでくださって恐縮ですけれど、お引きとりいただけませんこと?」


スバ「(喋り方は穏やかだけど迫力が違う・・・・!)」
ゴン「(こわいな・・・・)」
キザ「(こわいです・・・・)」

ミソ「(怖いけど・・・・心強いよ、ルナちゃん!)」

サテ「うむむ・・・・しかし・・・・」






おお!ひるんどる!
小学生女子に怯むなよ、オッサン! 笑





で、結局彼らを退散させたのはシドウ兄だったと。
来て早々うまい棒サクサクサクサク・・・・・・・。






ま た か よ ッッ!!






シド「キミのアルバムを持ってきてるんだけど、よかったらコレにサインしてもらえるかな?」
ミソ「え? あ、はい」







おまえもかwwwwwww
どうなってんだサテラポリス!!








シド「(・・・ハープノート。いずれキミのチカラも借りるときが来るだろう)」
ミソ「!!」






おおっと、コレが目的だったか。
失礼失礼。てっきりマジファンかと・・・・・って、マテマテ。

ミソラに近づくのが目的ならわざわざ「シドウさんへ」って入れてとか頼まねえよな?!
やっぱりどうなってんだサテラポリス!!! 爆






次回からはいよいよシナリオ3!
こやぎの大好きな大好きなシーサーアイランドイベントですよっとお!

つうわけで。
プレイ記録の進行速度、ガタ落ち必至です。
(ルナへの愛を叫びすぎて)

それでもいいぜ!って物好きさんは以後もよろしゅうお願いしまーす!

by koyagi_mee | 2009-09-26 06:54 | 流星3、挑戦中ッ!