人気ブログランキング |

イラスト描くぞ!こやぎのお絵かきブログ「家畜餌付け推進会。」日報。  

koyagimee.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 流星のロックマントライブ4話 感想 semスキン用のアイコン02

  

2007年 11月 30日

ふうう。なんとか5話のオンエアまでに間に合った!
明日からはリアルタイムで感想がかける!イエイ!

おはコロ。

バトルカード・ブレイクカウントボム・・・、
2でもあるんだ。
1作目ではペガサスやってたからお世話になったよ。

今週のしずちゃんのうそサブタイトル

キザマロ、鼻歌を他人に聴かれる。

・・・・・・・・それ、ちょっと恥ずかしいかも。


下↓のサブタイトルクリックしていただくと
本編感想になります。




4話 発動、ベルセルクの剣!

アマケンのセンサーをイカれさせてしまうほどの
エネルギーを持ったオーパーツ。

そんなの飲みこんだうえにしかも取り出せないとなると、
スバルでなくともジト目になっちゃいます。

ライブステージの上に座って至近距離で話すスバルとミソラ。

・・・座りポーズっていいなあ♪
ひざこぞうがいいカンジで拝めるベストポーズ!

ただ、スバルは長いブーツ履いちゃってるんで
ふくらはぎを拝めないのが非常に残念。
ズボンのスソもキュッと締まった構造になってるので
スキマからのチラリズムも皆無!

なんてガードのカタイヤツなんだ・・・!
※スバル本人には恐らくそんな意識はない。

話がはずみ、だんだんスバルに詰め寄るミソラっち。
「ほんと?」と嬉しそうに笑顔になるスバル。
仲良くなったのう、このふたり。

女のコに詰め寄られても何も動じないスバル・・・。
つまらん。
なんかこう、照れるなり何なりあるだろーが。
照れてる少年ほど色っぽい微笑ましいモノはないんだぞ!

ミソラ、そのまま肩でも抱いてしまえ。
さすがにそれだったら赤面のひとつもするだろうさ。

あ、でもスバルってひかえめなコだから
慌ててカラダ離そうとするかも。

ふおおお・・・、可愛いなぁ、もう!
(妄想力でこのシーンを補うヤツ。)

キャンサーもカワイイ。なにあのカッコ。

ソロ来た。
堂々と目の前で電波変換するし。
単独で電波変換ができるのは彼がムー人だからなのかな?
(流星2の公式ホームページ参照)

ブライのいきなりの攻撃でステージボロボロ。

「あたしのステージになんてことするのよ!」

自分の身よりもステージの心配ですか、ミソラさん!
さすがプロアイドルは言うことがちゃいますね!

怒りの電波変換!
・・・キャンサー、ソレ、電波変換じゃねっす!
ボケっぱなしなのに誰もツッコむ人がいねえ!

戦闘シーン、めっちゃ動いてます、スゴイです。
ウェーブロード上でちょこまかちょこまか・・・。

ミサイルだろーが氷だろーがブライには通用しなーい。
周波数帯変えられるのは右手だけじゃあなかったよーで。

殴る!殴る!殴る!サマーソルトぉ!

ロックマン、サンドバッグ状態。
反則的に強いぜ、ブライ!

踏まれて地面に埋まっちゃうウォーロック。

絶体絶命のピンチに、ついにベルセルクロックマンに変身!
ヨロイの特効がスゲエ。

ブライの衝撃波を軽く片手だけで薙ぎ払う!
おおお、かっちょいーぞ。

あのブライをあっさり退散させてしまった。

そしてオリヒメに協力することにしたスバル。

「一緒に悪の手からムーの超科学を守りましょう。」
「はい!」

あああ、なーんかワッルイ大人に騙されてる
いたいけな少年
、というシーンにしか見えん・・・!
(当たってそーな気、スッゴイするけど!)


次回予告。

「ヒマナラの雪男。」

どうきいてもイエティ・ブリザードのコトだよな。
・・・・これでイエティじゃなくって
別の雪男がでたらビックリだ。

by koyagi_mee | 2007-11-30 17:36 | 流星トライブ、感想。