イラスト描くぞ!こやぎのお絵かきブログ「家畜餌付け推進会。」日報。  

koyagimee.exblog.jp

ブログトップ

semスキン用のアイコン01 流星のロックマン 8話 感想。 semスキン用のアイコン02

  

2008年 05月 24日

この話はごっつ好きです♪


なんて言うか、ルナの隠れた優しさが
ちょっとかいまみえるから!



スバルとウォーロックのラブラブバカっぷりも
非常に楽しませてもらいました。


コレだから「調教コンビ」とか言われるんだよ!



※お詫び※
スミマセン、コメント返信は明日しまっす!




下↓のサブタイクリックで本編感想になります。






8話 「オックス襲来!」。


静かに自宅で勉強してるスバル。
いくら不登校だからといっても、
勉強してないわけじゃないワケじゃないんですな!


ああ、マジメでいいコだなあ、スバルたんは!


ウォ『うぬぬぬぬ~ッ!退屈だ!退屈だぞぉ~!』
スバ「シーッ!もし母さんに聴かれたら・・・」

あか「どうかしたの~?」

スバ「な、なんでもないよ!」



ウォーロックのセリフに合わせて
トランサーのフタがパッカパカしてるのが面白い。

どうやらずっとトランサーの中にいて
退屈で仕方ない様子・・・・。

ウォ『退屈で死にそうだ、どっかに出かけようぜ』
スバ「やだよ、それに今勉強してるんだ」

ウォ『勉強?だったら学校ってトコに行こうぜ!』
スバ「ええっ?!」
ウォ『皆そこで勉強してるんだろ?毎朝迎えに来る連中とか・・・』

スバ「それはそうだけど・・・」

ウォ『オレ、行ってみたい!行こうぜ、なあ!』



ひたすら駄々をこねるウォーロックに
困り果てるスバル・・・。


あのウォーロックが駄々こねちゃってる!
イトケンボイスだけになんて大人げないんだ!
まるで弟にダダこねるダメ兄貴じゃないですか!




なんなんですか、このプレイは。
(↑プレイとかゆーな)


くっそう、ウォーロック可愛いなあ!
こういう子供ッポイところがあってこそ
普段のクールさが生き生きしてくるんだ!



あきらめが悪いというか、しつこいというか
夜中まで駄々こねっぱなしのウォーロック。


あまりのうるささについにキレちゃうスバル。


スバ「駄々こねたって無駄だよ!
絶対、ぜ~ったい学校なんか行かないからねッ!」



翌朝・・・・。
スバルの家の前で気合いを入れまくるルナ!

ルナ「覚悟なさい、星河スバル!今日こそは
何がなんでも学校に来てもらうわよ!」


なんかもう、ここまで来ると意地だな。
チャイムを押そうとしたそのとき。

スバ「・・・行ってきま~す・・・・」


うわ、スゴい顔だなスバル!
寝不足+不機嫌なのも加わって
あまりに残念すぎる顔になっちゃてるよ!?


あか「それが・・・、どういうワケかいきなり
学校に行くって言いだして・・・・」

ルナ「ええ~ッ?!」



なははは。
ウォーロックの粘り勝ちのようですな。
スバルもなかなか苦労人だ。


スバ「学校に連れてきたんだから大人しくしてろよ」
ウォ『ああ、わかってるって!』



スバルたん、完全に飼い主じゃねえか!
ウォーロックもなんて大人げ(?)ない!
小学生に飼われとんのかアンタは!
誇り高き戦士じゃなかったのッ?!




そんなトコがこのコンビの可愛いところですがね!


流星の授業風景。
平安京とかなっつかしいなぁ!

こういう内容の授業とかやってんですね!
うわぁぁ・・・、子供だなあ、可愛いなぁ♪

(今さら何言ってんだ)




でも世界観とか大丈夫なんですか?
(平安京とアメロッパは同じ星に存在してない気が!)




ウォ『退屈だああ!これじゃ
スバルん家にいるのと変わんねえ!』

スバ「(静かにするって約束だろう!)」



ガマンできずそのままトランサーから
出ていっちゃうウォーロック。


最初っからそうすりゃあいいのに・・・


放課後(?)

スバ「どこいっちゃったんだろう、
ウォーロックのヤツ・・・」



ビジライザー装着して屋上から校庭を見回してるスバル。
そこへノートの山をもったルナたちが。

ルナ「コレ昨日までのノート。
勉強遅れちゃうと大変でしょう?」



おおお!お優しいッッ!
いいなあ、ノートの貸し借りとかっ!
ルナってば板書もキレイな字体でやってそう!




ルナ「星河君がお休みしてた間に色々変わったでしょう?」
スバ「え?」

ルナ「私が案内してあげる!」




手を取り合い、駆けていくふたり・・・!
おおおお?!
なんだかとってもイイカンジじゃないですか!



なんかルナってばスバルの世話焼くことを
純粋に楽しんでいるように見えるのはこやぎだけ?

点数稼ぎとか言ってたけど
本当にそうならここまではしない気がするなあ。



ルナってば、本当はとても優しいコなのかも・・・。
いえ、優しいんですよ!絶対!
意地張ってそのことを表に出してないだけなんだよ!



ああ、もうルナってば可愛いなあッ!
(イキナリ妄想にふけるのやめい)


ふたり仲良くプラネタリウム鑑賞♪


星が大好きなスバルは
この本格的なプラネタリウムに大喜び。

ああ・・・、ルナとふたりで
それはそれは楽しそうに・・・・(惚)

良いですなぁ!ムフフフ★



そのころ退屈で出て行ったウォーロックは
FM星人、オックスと校庭で戦闘中。

当然スバルたちも巻き込まれるワケで。

電波体なのでルナたちには
ウォーロックたちの姿が見えない。
しかし、戦闘で校庭の設備が次々破壊されていく!


見えなくても、人間と握手できなくっても
ちゃっかり設備の破壊だけはできるのね!
なんてご都合主義設定!


形勢不利になったオックスは
その場に居合わせたゴン太と電波変換!

いきなり実体化したオックス・ファイアに
スバルたち3人はビビる!

ルナ「な、な、なによアレ?!」
スバ「・・・あれは牛島ゴン太だ」

ルナ「ええーーっ?!」
スバ「化け物に乗り移られたんだ」
ルナ「ウソぉ?!」



にわかに信じがたいルナたちだけど
目の前でいきなりゴン太が消えたのは事実
だから信じるしかないよなあ・・・。


次回予告。

「暴走 オックス・ファイア」。

ルナがさらわれるんですが、何か?!
(↑落ちつけよ)
[PR]

by koyagi_mee | 2008-05-24 14:20 | 流星アニメ、感想。